駿河湾産素干し桜えび

2018年6月7日 ※お知らせ
いつもご利用ありがとうございます。
現在、桜えび漁不漁の為、国産桜えび、台湾桜えび製品の提供を停止しております。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、提供再開までお待ちください。
駿河湾産素干し桜えび製品パッケージ

浜辺の太陽と潮風が干し上げた香り高い桜えび

静岡県駿河湾で3月下旬から6月初旬に水揚げされた新鮮な生桜えびを富士山が望める富士川河川敷の広大な広場に砂利を敷き干しあげました。水分が抜けて旨みと風味、カルシウムなど豊富な栄養素を凝縮。

安心の駿河湾産ブランド(国産ブランド)

桜海老(サクラエビ)には、現代人に不足しているカルシウム・マグネシウム・鉄・リンが豊富に含まれています。近年では、生活習慣病の原因ともなる血中のコレステロール・動脈硬化予防に効果の有るEPA(サイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)を含む事が解り、ほのかな甘みや、見た目の美しい桜色だけでなく、現代人に必要な栄養素を含む「健康食品」としても注目を集めています。

製品情報

製品名
駿河湾産素干し桜えび
JANコード
規格・入数/単位
18g×10×10
生産地
静岡県
原材料名
桜えび (静岡県産(駿河湾)水揚げ港:由比港)、食塩
賞味期限
120日 ※-20℃以下で保管していただくと360日ほど品質低下はありません。
保管方法
直射日光を避け湿気の少ないところで保管してください。
使用用途
炊き込みご飯、野菜炒め、焼きそば、お好み焼きなど
その他

成分表示

カロリー
312kcal
たんぱく質
64.9g
脂質
4g
カルシウム
2000mg
脂肪酸純量
タウリン(100g)
グルタミン酸
駿河湾産素干し桜えび製造工程映像
美しい桜色の桜えび

エビ目サクラエビ科サクラエビ属に属する小型のエビ

桜海老・桜蝦(サクラエビ)は、甲殻類エビ目(十脚目)サクラエビ科サクラエビ属に属する小型のエビです。また、発光器官をもつことからヒカリエビとも呼ばれています。体長は4センチメートルから5センチメートルで、2対のヒゲ(触覚)は体調の4倍近くあります。カラダ(甲殻表面)は透明で、赤い色素胞がある為、光にあたると赤色の色素が透き通ってピンク色に見えることから「桜海老」と呼ばれるようになりました。主に日本の駿河湾(静岡県)に生息しています。他のえびに比べてカルシウムをとても多く含んでいます。

現代人にお薦めの健康食品

桜海老(サクラエビ)には、現代人に不足しているカルシウム・マグネシウム・鉄・リンが豊富に含まれています。近年では、生活習慣病の原因ともなる血中のコレステロール・動脈硬化予防に効果の有るEPA(サイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)を含む事が解り、ほのかな甘みや、見た目の美しい桜色だけでなく、現代人に必要な栄養素を含む「健康食品」としても注目を集めています。

海の宝石桜えびが生息する駿河湾の特徴

日本で一番深い湾として知られる駿河湾は、暖流で1年を通して水温の変化が少なくおだやかな気候の為、海の宝石桜海老(サクラエビ)をはじめとし駿河湾にのみ生息する静生物が育ちやすい。

桜えびの生息地駿河湾